時代劇 俺の名は「えん」

家猫

エンペラーの法被

クロバー社のHPに猫の法被の作り方が載っていた。

簡単そうだし、エンペラーに一枚作っちゃお~♪

ということで

家にあった生地でササっと。

まずは後ろ見ごろ↓↓

こちらが正面↓↓

なぜ前後の生地の柄が違うのかというと…
足りなかっただけw

炭治郎の柄にしたかったのだが

前身ごろは善逸柄。

まぁ、善逸は耳がいいし

色もエンペラーにあっているしいいか~

ワッペン

出来上がりはしたのだが、どうも背中が寂しい。。

祭りとか書いちゃおうか…

とも思ったが

ワッペンを作った。

日本っぽく、ひらがなで「えん」。

あしあとを赤で入れたが、まださびしい…

そうか!

つきねこ組ってのはどうかな?

左下に「つ」の朱印。

いい感じ~♪

我ながらいい出来栄え(笑)

そんなことをしているうちに

ままきちは妄想に入った。。

時代劇 俺の名は「えん」

助けていただいてありがとうございます。

せめてお名前だけでも…

俺かぃ?
俺は…

つきねこ組の「えん」ってんだ。

困ったことがあったらいつでも訪ねてきな。

なんて妄想をしていた(笑)

女の子を助けて、一休みする「えん」

バッカな想像してんじゃねーよ

とツッコミが入りそうなブログ失礼しました。。

あとがき

つまらない妄想にお付き合いいただきありがとうございました。

ハンドメイドブログに載せようかと思ったのですが

どうしても、妄想を書きたく

エンペラーのブログに載せることにしました。

アラ還おばばの狂騒とお思いでしょうが…

許してください。。

そのうち、インスタに法被姿のエンペをアップします♪

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました