【俺の名はエンペラー vol.31】肛門腺破裂の経過

トライアル

トライアル三十一日目

通院

肛門腺炎破裂で通院中。

通院

俺、ビビってねーし。

うん、頑張ったね♪

偉い偉い!

傷口も小さくなってるって。

よかったぁ~♪

診察

エンペラー君のみ診察室へ。

コロナの影響で、と言っていたが

やっぱり、心配だな。。

5分くらいで診察室から出てきたエンペラー君。

付き添いの女性が診察の説明をしてくれた。

経過は順調のようだ。

更に、抗生剤&整腸剤が1週間追加された。

1週間後、再診。

疑問

今回、ままきちは診察室に入れなかった。

コロナの影響って言うけど、5分程度だよ。

それってどうなの?

説明を聞くくらいの間もダメなの?

不信感を抱くままきち。

しかし、経過は順調なのでこれでいいのかなと思い帰宅。

帰宅

帰宅後、すぐご飯(笑)

食欲はある。

これならすぐ良くなるね。

頑張ろう!

鎮座

先住猫しーまのために敷いておいたブランケット。

迷わず鎮座するエンペラー君。

イカ耳になるしーま。

まぁ、しーまが座っていなかったんだからいいんだろうけど。

近くに寄ってきたのが不満そうな顔だ(笑)

次号に続く…

今回はここまで。

次回は「先住猫の避難場所」を投稿予定。

あとがき

実は…初診の時、医師に少し違和感を感じていた。

今回の肛門腺炎破裂はもちろんのこと

・保護猫トライアル中
・FIVキャリア
・全抜歯
・軟便
・脱毛
・毛むしり
・鼻水
・涙やけ
・痩せてしまったこと

をなるべく詳しく状況を説明した。

だが、反応は薄く、いたわりの言葉などは何も無い。

そして、他に猫は居るかと質問された。

居ると答えると

先住猫もキャリアかと聞かれた。

違うと答えると

あらぁ…と反応。

野良だからねぇ。

猫風邪もひいてるわ、これ。

といい、今日は肛門腺の治療だけねとのたまった。

いやいや、先住猫の心配じゃなくて、エンペラー君の話で来たんだよ。

保護猫に対しての差別的な発言とすら感じる態度。

ショック…😢

脱毛の話をしても

フードアレルギーもあるよというのだ。

まぁ、これはいいとしても

今回、診察室に入れなかったことも重なって

この獣医さん、無理かもという感情が過る。

とりあえず、緊急を要する処置だけはしてもらって

その後のことは、また考えようと思った。

病院選びも大切なことよね。

長くなって申し訳ない。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました